FC2ブログ

いつものやつ

マヤカン131117-11【カメラ:D700】





いつものマンネリ写真。


こういうの載せてる時はね、


別に誰かに何かを伝えたい訳じゃなくて、


僕が好きなものを、僕の為に載せている。


美しいと感じるものに理由など無く


いつも似たような情景を美しいと感じるなら


それはそれでいいじゃないか。ねえ。






にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へにほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村

テーマ : 廃墟系
ジャンル : 写真

志高ユートピア140102-3
【カメラ:D700】【レンズ:レンズ:AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II】




届かなかった声はどこにいった?




言い訳、同調、言い繕い。




他者批判、保身、正当化。




いつの間にか僕の声は、




僕自身にすら




届かないものになっていた。





にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へにほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村

テーマ : 廃墟系
ジャンル : 写真

それっぽい写真

志高ユートピア140102-1【カメラ:D3X】


志高ユートピア140102-2【カメラ:D3X】




たまにはただ「それっぽい」写真でも。


想いが詰まってる写真はいつだって「それっぽく」ない。





にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へにほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村

テーマ : 廃墟系
ジャンル : 写真

夢の果て

ニュー室戸130810-4【カメラ:D3X】【レンズ:AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G】






夢追い人が1回きりの人生で





走って走って、たどり着く先に





待っているかもしれないもの。







にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へにほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村

テーマ : 廃墟系
ジャンル : 写真

僕の写真のテーマ

マヤカン131117-10【カメラ:D3X】【レンズ:AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G】




僕が写真を撮り続けているテーマの中のひとつに



「自然と人工物の対比」という大きなテーマがあります。



何をもって「自然」「人工物」というのでしょう。



人間だって自然の一部であると考えるのであれば、



人間が作った建造物や何かも、所詮はハチが作ったハチの巣や



蟻が作った蟻塚と同じようなものです。自然の一部です。



「環境破壊」や「環境保護」といった言葉の裏には



人間が他の生物と一線を画した、超越した生物であるという



おこがましさが隠れているようにも思えます。



増えすぎた生物を減らしてみたり



絶滅しそうな生物を保護してみたり



人類は長い年月をかけて神様になろうとしています。



でも、本能的にヒトはヒトという種を優先した大きな営みの螺旋からは逃げられず



イビツに回転し続けています。



絶滅しそうな種が人類を壊滅させるウイルスを持っていれば



迷いなく根絶させるでしょう。



ただ、その大きな渦の構成要素である個々人の感情の中に



純粋な「優しさ」や「愛おしさ」が他の生物に対してあるのも事実です。



僕と、あなたと、



70億個の細胞から成り今も色々なものを呑み込んで成長し続けている「ヒト」という化け物。



一体、「自然」とは何なのか。



もしかしたら、アスファルトだって核ミサイルだって所詮「自然」の一部なのかもしれない。



そんな事を考えながら、今日も僕は写真を撮り続けています。




にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へにほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村

テーマ : 廃墟系
ジャンル : 写真

プロフィール

ちく

Author:ちく

写真撮ってます。
イベントスナップなどはfacebookにあげてます。申請お気軽に。
Twitter:@xchikux
mixi:CHIKU
facebook:Chiku.TSquad
Tumblr::http://chiku-ts.tumblr.com/
PHOTOHITO:xxchikuxx

カイブ:335229

カウンター
【日本ブログ村】カテゴリ別ランキング
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
廃墟についての注意
※廃墟の探索は違法行為となる場合があります。もし廃墟を訪問する場合は、その管理者等に許可を得てください。廃墟を訪問し、いかなる事故・犯罪・トラブルが発生し巻き込まれても当ブログは一切責任を負いません。 当ブログは廃墟探索を推奨しません。
廃墟探索におけるリスク等については他HP等に掲載されている情報等をご覧ください。
【廃墟ちゃんねる】様危機管理についてのページ
【廃墟explorer】様【廃墟HAZARD】
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: